縁切り地蔵尊祈願

福岡市早良区内に、今も残る「縁切地蔵尊」

縁切地蔵尊

実はここの地蔵を削り、その粉を別れたい人にお茶と煎じて飲ませると、必ず別れられるという由来があり、全国的に有名なお地蔵様です

縁切地蔵尊

以前は、「男女間の縁切り」を目的として、全国各地から祈願に来ていたらしいのですが 最近では「一切の悪縁・諸病と縁切り」として「難病と縁を断ち切りたい」「旦那の家族と絶縁したい」「ストーカー加害者から縁を切りたい」「ギャンブルと縁を切りたい」という願いで祈願者が増えているそうです

不可解な現象

お地蔵様の体を削って相手に飲ませると願いが叶うといわれていている為,、 どれだけ削られたのか、お地蔵様はもはや原形が分からない状態

それだけ、効果に期対できるという現われなのでしょう!

申込は⇒コチラ

縁切り地蔵尊の由来

縁切地蔵尊

奈良時代、重留の里(現在の福岡市早良区重留)の長者と呼ばれた富永修理太夫照兼の子、兼縄が、粕屋の長者原(現在の福岡県粕屋郡粕屋町)の大城長者曽根出羽守国貞の娘(お古能姫)と縁組が成立し、興入れ(処女喪失)の日、何らかの事情があって兼縄が逃走。
困った兼縄の父・照兼は、「兼縄は急死した」と偽り、使者をお古能姫のもとへ送る この知らせを野芥で聞いたお古能姫は「もう嫁ぐ家がなくなった」と悲嘆にくれ、ここで自害。
嘘の知らせを信じ、絶望して亡くなったお古能姫を、この土地の人々が哀れんで菩提をとむらうために一体の石蔵を建てたのが、この野芥の縁切地蔵だそうです。

昭和60年10月に出火し全焼したのですが、地元有志及全国信者の方々のご納金によりこのたび再建完成し今後永く史跡とし、大切に保存されております。

申込は⇒コチラ

縁切り地蔵尊・代理祈願について

呪いの部屋noroi.comでは、「縁切り地蔵尊]での代理祈願を行っております

縁切り祈願をしたいが、「遠方で行くことができjない」・「行く時間がない」・「諸事情により行く事ができない」、そのような人に代わり、現地で参拝し「削り粉」を持ち帰り、郵送にてお届けしております

※証拠として現地での参拝時の写真撮影をして、同封させて頂きます

申込は⇒コチラ

縁切り地蔵尊祈願の流れ

①申込フォームより必要事項を記載し申し込みして下さい

※申込フォームは⇒コチラ

②料金の振込みをして下さい(振込先は申し込み時にメールしております)

③宛名を「縁切り地蔵様」と記載した封筒に祈願書を入れて下さい

※祈願書には、思うままの縁切り祈願内容を書いて頂いて大丈夫です

④上記③の封筒を、更に別の封筒に入れて郵送して下さい(郵送先は申し込み時にメールしております)

※祈願書の表に、自分のだと確認できる目印を付けて下さい(写真で確認できるように)
※祈願書の表に、個人情報は書かないで下さい

④祈願書が到着次第、順次に代理祈願を実施してきます

⑤祈願終了後、「削り粉」と「写真」を郵送にて発送させて頂きます

<不正注文や悪戯等、御注文に関する注意事項>


ページTOPへ